ウエディングプランナーになるには? 絶対役立つスクール情報をまとめました

HOME » ウエディングプランナーになるにはまずスクール探しから » どんなスクールを選べばいい?

どんなスクールを選べばいい?

ここでは、ウエディングプランナーになるためのスクールについて、その種類やそれぞれの特徴(メリット・デメリット)、またスクール選びのチェックポイントなどを紹介しています。
ウエディングプランナーになるにはどんなスクールを選べばいいの…?とお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

主なスクールの種類

ウェディングプランナー養成スクール

ウエディングプランナーになるにはどんなスクールに通えばいいの…?とお悩みの方に当サイトが一番おすすめするのが、この養成スクールです。主に社会人や大学生を対象としたスクールで、短い期間でウェディングプランナーに必要な実践力を習得できるのが特徴です。

仕事をしながら、大学に通いながらなど、自分のライフスタイルに合わせてフレキシブルに学べるのが大きな魅力といえます。また、実際にブライダルの現場で活躍するプロのプランナーを講師に迎えた授業や現場体験などを実践しているスクールも多くあり、ウェディングプランナーという仕事をリアルにイメージできる環境も多いでしょう。

通信講座

通信講座の大きなメリットは、いつでもどこでも、場所と時間を選ばず勉強できるという点です。テキストやDVDなどの教材を見ながら自宅で学習することができるため、あくまでも自分のペースで学びたいという人におすすめです。

デメリットとしては、分からないことがあった時などの質問に対するレスポンスが遅い可能性が高い点や、基本的に一人学習のためやる気やモチベーションが維持しにくい点、また、養成スクールのように現場で活躍するプロや講師と接することがないため実際の仕事のイメージがつきにくい点などが挙げられます。

全日制の専門学校

ウェディングプランナーを養成する専門課程を設けた専門学校です。こういった学校の特徴としては、授業の中で模擬結婚式を開催するなど、通信講座などと違い実践力を身に付けられる点や、みっちりと知識を習得できるという点が挙げられます。

ただ、仕事をしながら通いたい人や、大学に通いながら学びたい人などには向きません。ちなみに最近は、ブライダルに関する基礎が学べる学科や講座などを開設する短期大学も増加傾向にあるようです。

スクール選びのチェックポイント

以上のようにスクールの形態はさまざまで、同じ形態の中でもそれぞれのスクールによって特徴がありますが、申し込む際には、以下のような点をチェックすることをおすすめします。

就職活動の際のサポートは充実しているか?
資格取得のサポートはあるか?
振替受講など授業体制のサポートは整っているか?
就職実績はどうか?
オリジナルテキストを使っているか?

以上のような点をしっかりと確認し、納得したうえで、自分に合った方法でじっくり学べる環境の整ったスクールを選びましょう!

ウエディングプランナーになるにはスクール探しから!

 
ウエディングプランナーになるには必見ガイド