ウエディングプランナーになるには? 絶対役立つスクール情報をまとめました

HOME » ウエディングプランナーになるにはどんなスキルや資格が必要? » 求められるスキルとは

求められるスキルとは

ウエディングプランナーになるには、幅広いスキルや資質が不可欠となってきます。具体的にどんなスキルや資質が必要なのか、解説していきます。

ウエディングプランナーに必要なスキル

ウエディングプランナーに必要なスキル

コミュニケーション力
新郎新婦に最適なプランを提案するには、まず、2人が描いているプランや希望をしっかり汲み取り、当日まで連絡を取り合いながら安心して結婚式を迎えてもらえるよう、コミュニケーション能力も非常に重要な能力となります。しっかりとヒアリングをし、カウンセリングしていく接客技術は必須です。

企画力・プランニング力
最適な結婚式を提案するためには、2人の希望を理解したうえで、オリジナルの結婚式を提案する企画力、創造力が重要。また、プランを立ててスケジュールをしっかり管理し、滞りなく連絡を取り合うといった、ウェディングプランナーの基本的な業務を遂行するための能力が必要となります。

プレゼンテーション力
結婚式のしきたりや普段あまり目にすることのないブライダルアイテムなど、初めての事だらけの新郎新婦や関係者に対し、その都度分かりやすく丁寧に説明し、きちんと理解していただくためのプレゼンテーション力が求められます。

営業力
新郎新婦の2人から「この人に担当してもらいたい!」と思ってもらえるよう、自分自身を売り込む営業力が必要となります。

マナー
結婚式場でのマナー、冠婚葬祭に関する基本的なマナーはもちろんのこと、一生に一度きりの特別な結婚式を新郎新婦が気持ちよく迎えられるよう、細かな動作やしぐさ、言葉遣いなどもとても重要な要素となります。

センス
ブーケやウェディングドレス、ペーパーアイテム、また式場の装飾にいたるまで、さまざまなブライダルアイテムを選定・提案し、組み合わせることのできるセンスが求められます。

マネジメント力
結婚式をつくりあげるためには、たくさんのスタッフの協力・連携が必要です。司会者、カメラマン、メイクアップアーティスト、会場担当などなど、たくさんのスタッフを動かすためのマネジメント力は不可欠です。

ウエディングプランナーになるにはスクール探しから!

スクールで学べること

ウェディングプランナーの養成スクールでは、選択するコースや各スクールによっても違いますが、一例として以下に挙げるようなことが学べます。

・挙式・披露宴のマナー
・商品知識
・進行・運営管理等に関する知識
・接客マナーやコミュニケーション手法
・コーディネート術
・プランニング
・フラワーデザイン
・カラー・スタイリング など。

ウェディングプランナーになるために必要とされる基礎的なスキルや知識はだいたいどのスクールでも学べると思います。

しっかり身につけるには、どんな授業体制で実践的な内容は組み込まれているか?講師陣はどうか?さらに、就職や資格取得に関するサポート体制はしっかりしているか?などの点が重要なポイント。

充実した環境で即戦力のあるウェディングプランナーを目指せるスクールを選びましょう!

 
ウエディングプランナーになるには必見ガイド