ウエディングプランナーになるには? 絶対役立つスクール情報をまとめました

HOME » そこが知りたい!ウエディングプランナーの仕事 » 先輩プランナーの声

先輩プランナーの声

ここでは、ウエディングプランナーの仕事で実際に活躍している先輩たちの声を集めて紹介しています。
ウエディングプランナーの仕事に興味のある方、現場で働いている人の生の声が聞きたいという方など、ぜひ参考にしてくださいね。

現場で働くウエディングプランナーの声をチェック!

現場で働くウエディングプランナーの声ウェディングプランナーになってから2年経ち、お客さまとの打ち合わせ~式当日のお手伝いまで手掛けさせてもらえる立場になりました。

私が心掛けているのは、“新郎新婦さまの本音を引きだす”ということ。私から提案をし会場見学などを進めていくと、「実はこんな事も…」といった想いが溢れてくるケースがとても多いのです。

結婚式が終わったとき、「これが私たちが挙げたかったウエディングです!」と心から喜んでいただけるよう、お客さまの理想や希望をきちんと汲めるヒアリング力を磨き、発想力あふれる提案のできるウエディングプランナーになりたいと思っています。

現場で働くウエディングプランナーの声この仕事を始めて私が驚いたのは、先輩プランナーさんの徹底した自分磨きでした。キレイにお手入れが行き届いた指先、ピンと伸びた背筋、こだわりを感じる素敵な持ち物…。

「誰よりも身近な相談役・ウエディングプランナーに対して憧れを持てなければ、一生に一度の大事な結婚式を任せてはもらえないからね。」

私もそんなウエディングプランナーに一歩でも近付きたいと思い銀座の文房具店で買ったターコイズブルーのペンと手帳は、今でも私の宝物です。ただスケジュールやメモを書き込むだけのものではなく、自分の持ち物や所作は自分の人となりを表す…というふうに考え、この世界で頑張っていこう思いを固めたアイテムです。

まだまだ新人の私ですが、いつかお客さまが理想とする最高の結婚式を創り上げ、幸せを分かち合えるような一人前のプランナーになりたいと日々頑張っています。

現場で働くウエディングプランナーの声就職先の職場では、結婚式場を探している新郎新婦へのご案内を担当しています。コーディネーターの方々をはじめ様々な分野のスペシャリストと連携を取りながら、一生に一度の大切なセレモニーを創り上げていくという喜びを毎日感じています。

より密にコミュニケーションを取ることで、新郎新婦様が何を望んでいるかというのをしっかりと汲みとる…プロのウエディングプランナーとして、この事が何よりも大事な使命だと考え、日々邁進しています。

現場で働くウエディングプランナーの声ウエディングプランナーとして就職した会社は、自分で手を挙げれば色々なことにチャレンジさせてくれるやりがいのある環境です。

お客様に喜んでいただける式を創り上げるため毎日忙しく大変ですが、すべては将来のために必要なことと考え楽しんで日々の仕事をこなしています。

いつか自分の学んだことを後輩プランナー達に引き継げる存在になれるよう、目標に向かって頑張っています。

現場で働くウエディングプランナーの声憧れていた第一志望の教会に無事就職することができました。入社した今は、晴れやかな結婚式の裏にある細かな実務や配慮に日々驚かされながらも、充実した毎日を送っています。

一生に一度の大切なセレモニーを託され、お客様の喜びが自分の感動に変わる…これこそが、ウエディングプランナーという仕事の1番の魅力だと感じています。

この先輩プランナーさんたちが卒業したスクールはこちら

 
ウエディングプランナーになるには必見ガイド