ウエディングプランナーになるには? 絶対役立つスクール情報をまとめました

HOME » そこが知りたい!ウエディングプランナーの仕事 » 活躍の場は?

活躍の場は?

ウエディングプランナーの就職について、近年の需要や求人状況、また結婚式場の形態による立場や仕事内容の違いを紹介しています。

ウエディングプランナーの就職状況は?

ウエディングプランナーの就職状況少子化が問題となっている今、結婚式の数も減少し、ウエディングプランナーの需要も減っているのでは…?と考える方もいると思いますが、実際はそうではないようです。

有名な結婚相談所では結婚が決まり退会する人の数は伸びており、ウエディングフェアに訪れる人の数も増加傾向に、また結婚式の費用についてもその平均額は上がってきていると言われています。

また結婚式の形態が多様化している近年は、オリジナル性の高い式を望む新郎新婦が増加しており、そういった面でも、式を総合プロデュースする専門知識を持ったウェディングプランナーの需要はさらに高くなっていると言えるでしょう。

ウエディングプランナーの就職先と仕事内容をチェック!

では、そんな今後の活躍がますます期待されるウェディングプランナーの主な就職先と、それぞれの仕事内容について以下に紹介したいと思います。

専門式場

神殿や教会といった挙式場と披露宴会場が併設された専門性の高い施設で、小規模なところから宴会場を複数併設する大規模なところ、また冠婚葬祭互助会運営の式場等が挙げられます。

こういった専門式場でのウェディングプランナーの仕事はだいたいが分業制で、成約業務・打ち合わせ業務・挙式当日の業務といったように、業務の段階によって分けられているケースが多いようです。

この中でも成約担当は、式場見学に訪れた新郎新婦にこの式場を選んでもらえるよう魅力を伝える営業力とコミュニケーション力が必要となります。

また、宿泊以外、ウェディングに関することは全部揃っているため、細やかなプランニングをすることができます。

ホテル

ホテルでも、専門式場と同じように分業制の場合がほとんどです。ホテルにおける結婚式は宴会担当部署が扱う業務のため、ウェディングプランナーはその部署に配属となります。

またホテルの場合、ウェディングの他にもレストランや宿泊施設等が設けられているため、ブライダルの知識だけでは業務をこなせません。

招待客の食事や宿泊施設等にも気を配る必要があり、ホテル内の他業務についての知識も身に付ける必要があります。

ゲストハウス

オシャレな一軒家を貸し切るような感覚で披露宴パーティーを行うゲストハウスウエディング。最近はとくに若い新郎新婦から人気の高い形式です。

お客様の多くは“他とは一味ちがう”オリジナリティのある挙式を希望しているため、プランナーには高い発想力やプランニング能力といったスキルが求められます。

業務内容としては成約~当日のサポートまでトータルで担当することが多いため、大変な分、やりがいも多く感じられる環境といえるでしょう。

ウエディングプランナーになるにはスクール探しから!

 
ウエディングプランナーになるには必見ガイド